南極動物の種類は

南極に暮らす動物の種類

極寒の南極の動物の種類

南極は、地球上で最も寒い地域で平均気温がマイナス50℃からマイナス60℃と言われます。これほどの極寒の地でも元気に生育している動物たちがいます。生息する哺乳類は23種類いると推定され、海の中には、約280種類の魚がいるそうです。鳥類もアホウドリやカモメなどたくさん生息しています。代表的な動物には、皇帝ペンギン、ミナミゾウアザラシ、オットセイ、ザトウクジラなどがいます。南極には、大陸はありますが、シロクマはいません。地球温暖化の影響で氷が溶け、繁殖や子育てがうまくいかず、その数が徐々に減り続けてています。

南極に生息する生物について

南極と北極ってどちらも寒いという印象が多いと思います。しかし、この2つの土地には動物という決定的な違いがあります。南極には主に、皇帝ペンギン、オットセイ、シャチ、ヒョウアザラシ、オキアミ、ミナミゾウアザラシ、シロナガスクジラ、ジェンツーペンギン、ワタリアホウドリ、ウェッデルアザラシ等がいます。中でも、オキアミはエビの仲間です。この土地にのみ生息している動物ではありませんが、この土地においては重要な役割を担っている生き物です。オキアミは暮らす生物の貴重な食べ物となるため、オキアミがいなければ生息する生き物はえさが十分に確保できずに、生きることが出来ないと言われています。

南極に生きる動物情報

↑PAGE TOP