南極動物の特徴は

南極動物の特徴を知る

南極の動物の特徴の共通点

南極大陸はほとんど氷でできており、通常の陸上哺乳類ではほとんど生存していくことができません。そして基本的には寒冷な気候が通年続くことから生物多様性は他の地域より限定的で、動物は空を飛ぶか海に適した能力を持つか、そして寒冷な気候に耐えられるような能力を有しています。また哺乳類では海と氷上どちらでも生活する動物が多いのが特徴で、アザラシやオットセイ、そしてペンギンが有名です。実はペンギンは南極には多くいますが北極には存在せず、これはやはり天敵が少ないからですが、陸上ではあまり俊敏に動けないことも関係しており、たやすく捕食されてしまうからとも言われています。

南極大陸で生活する生き物

地球の南極点に位置する南極大陸。ここは、地球の中でも寒冷な地域であり、大陸のほとんどが厚い氷の層となった氷雪に覆われています。植物もほとんど生えていません。このように生物が生きていくには大変な環境であると言えます。しかしながら、複数の動物たちがここには生息しています。例えば、コウテイペンギンやジェンツーペンギン。水族館や図鑑などでおなじみのかわいらしい動物たちですが、実は非常に寒い場所の生まれなんです。人間にとって生きていくには厳しそうな場所であっても、様々な命が環境に合わせて変化し、命をつなげています。

南極に生きる動物情報

↑PAGE TOP