南極動物の生態とは

南極動物の生態について

南極で生活をする動物の生態

南極で見られる動物は様々ですが、なんといっても有名なのは皇帝ペンギンです。皇帝ペンギンはペンギンの中でも最大の種類で、体長は約1メートルから1メートル30センチにもなります。水深500メートル以上の深さにもぐり、魚やイカなどを捕食します。極寒の地でも耐えられるよう厚い皮下脂肪の上にはとても高密度の羽毛がびっしりと生えています。その生態で面白い点は、オスが卵を温める点です。メスは卵を産んだ後、オスに卵を預け海に出てゆきます。これはメスが産卵で消費したエネルギーを得るための行動です。オスはメスが餌を採ってくるまで、絶食状態で卵を温めて待ちます。このような生態から、世界で最も過酷な子育てをする鳥と言われます。南極に住む動物はその環境に適した進化をとげ、厳しい環境で生き抜いています。

南極の生物事情とクルーズ人気

南極は観測目的を除けばヒトの居住が無く、更に北極以上にに極寒の厳しい環境下にある事から、生物分布は比較的単純で種類もそう多く無いという特徴があります。ですが動物についてはペンギン・アザラシ・クジラといった種類がおり、南極ならではの種も豊富です。生物同士の生存競争はそこまで激しく無く、大型の生物も多い事から比較的ゆったりとした雰囲気で愛くるしい系統のものが多いのも特徴です。その為、ウォッチング目的のクルーズ旅行等には根強い人気があります。海と陸を往来する動物が多いので、1つの種でも違った様相が見られるという点も、人気を後押ししています。

南極に生きる動物情報

新着情報

↑PAGE TOP